ダイナム

Recruiting Site

Interview 01

石川金沢専光寺店
アシスタントマネジャー
2012年入社

塩口 照子

Shoko Shioguchi

主婦アルバイトから、
アシスタントマネジャーへ。

働くための障害が全て解決した
理想的な職場。

もともと接客が好きで、以前も大型のパチンコホールで働いていました。その後出産を機にまとまった労働時間の確保が難しくなり、また箱下ろし作業も体力的に負担を感じ退職しました。その後受付の仕事に就いたのですが、収入は随分減ってしまって。そんな時ママ友からダイナムを紹介されました。「エッ、アルバイトなのに有給があるの?」「ボーナスが年2回もらえるの?」と驚き、実際に話を聞いて何より魅力的だったのは、シフトに融通が効くことでした。子どもがいると、決まった時間に必ず出勤というのは至難の業。ダイナムではシフトを希望に合わせて組んでくれますし、この店舗では玉数がカードで自動計算されるので腰に負担のかかる箱下ろし作業もありません。働くために障害となっていたことが全て解決しました。実際に、授業参観の日は午前中勤務にしてもらうなど、子どもとの時間も大切にできています。

全国の社員と積極的に関わることで
店舗・エリアの垣根を越える。

アルバイト社員として入社し、その後正社員として登用されました。今年で丸7年。
店舗ではアシスタントマネジャーとして人材教育やマネジメントを任されています。また、全社イベントにも積極的に参加しています。年に一度開催される接客コンテストもその一つです。全国から接客優秀者が集まる中でグランプリを受賞したときは個人としても、店舗の代表としても認められたようで、とても嬉しかったです。
グランプリをきっかけにイベントの運営側に携わり、大規模な研修にも参加することになりました。接客方法、景品の陳列、のめり込み防止対策など、より専門的な研修を受け、そこで得た知識は、自店にはもちろん、女性活躍推進の一環として発足した「金澤なでしこ」チームでも共有しています。

5人の子持ち主婦でも
上位職で思う存分活躍できる。

一番上が18歳で一番下は7歳、5人の子どもがいます。入社した年が、一番下の子どもが生まれた年と一緒。ダイナムに入っていなかったら、社員になって上位職に就くなんてことはあり得なかったと思っています。
入社当初、主婦の事情を考慮してシフトを組んでもらえる体制に感動したのですが、マネジメントの立場になってみて、本部の方たちが現場で働く仲間として、一人ひとりに細かな配慮をしてくれていることがわかりました。店舗においては役職者として、女性アルバイトの方たちの意見を吸い上げて、制服のルールを改良しました。これからも常に自分から心を開いて話しかけ、要望や不満点を業務改善につなげていきたいと考えています。就活中の皆さんも仕事を探すうえで、結婚したら、子どもができたら、という人生のイベント時や働きやすさにどれだけ全力でサポートしてくれる企業かどうかを、判断材料の一つにしてみてはいかがでしょうか?

他の社員のインタビュー