ダイナム

Recruiting Site

Business

ダイナムは、
「パチンコを誰もが気軽に楽しめる
“日常の娯楽”に改革する」という
ビジョンを掲げ、
業界の“あたりまえ”に
挑戦し続けています。

ダイナムのチェーン
ストア戦略

ダイナムは「チェーンストア理論※1」を
パチンコ業界で初めて導入し、
積極的に推進することで、全国に業界で
最も多くの店舗を展開しています。

※1 チェーンストア理論:あらゆる企業活動を
中央集権的に本社(本部)へ集中させて、店舗(現場)ではオペレーションに専念することで経営効率を
上げる経営手法のこと。

01 多店舗展開

多店舗展開するうえでダイナムが着目したのは、「サバーバン」と呼ばれる郊外の人口3万~5万人の小商圏です。駅前や商店街などの立地に比べ賃料を抑えられるというメリットに加え、車で気軽に来店できる広い駐車場を完備可能な地域に積極的に出店。
市場の変化に合わせたリニューアルや、時代の変化に伴うスクラップ&ビルドなど、柔軟に対応できるフットワークの軽い事業体質にもつながっています。

02 ローコストオペレーション

新規出店は「木造ローコスト標準店舗」を推進しています。
木の温もりを生かした、パチンコホールらしからぬ外観で、店内は天井が高く、視界をさえぎる柱もないので、開放的な遊びの空間を実現しています。店舗のデザイン・店内レイアウト、遊技機の設置台数を標準化することで、建築コストの低減・工期短縮を実現し、出店のコストダウンとスピーディーな店舗展開につなげています。

03 プライベートブランド機の開発

ダイナムは2006年から遊技機メーカーと協力し、お客様に気軽にパチンコ本来の楽しさを体験していただける、良質・低価格のプライベートブランド機を開発し、店舗に展開しています。
店舗で収集した膨大な遊技機データからお客様のニーズを汲み取り、製品開発に活かすことで、本当に楽しんでいただける娯楽を提案します。新ブランド「ごらく」は、そんなダイナムの姿勢を表し業界に一石を投じる強力な戦略です。

04 未来を担う人材力

ダイナムは、新卒採用活動を1988年から開始しました。チェーンストア経営による多店舗展開と、マネジメント能力のある優秀な新卒人材が両輪となり、ダイナムの成長を支えています。
全新卒社員が店舗配属からスタートしており、店舗運営のスペシャリストとして育つと同時に、地域のお客様のニーズをとらえ、その基礎をダイナムの経営に反映させています。

ダイナムのCSR活動

安定的な経営により、納税し、地域に雇用を
生み出すのみならず、
地域との信頼関係を
深めるさまざまな活動に注力しています。
企業姿勢として「街と生きるパチンコ」を
掲げ、地域の皆様との共生を目指します。

業界を変える。
業界のリーディング
カンパニーとして
描く未来。

ダイナムは、人々の暮らしを娯楽の面から豊かにしたいと願っています。

街にはコンビニ、スーパー、学校や病院など、
生活になくてはならないものが揃っています。

では、パチンコホールはどうでしょう?

「音がうるさい」「たばこで空気が悪そう」「お金を使いすぎてしまいそう」
いろいろな声があります。

私たちはパチンコだけに没頭して欲しいわけではなく、時間や金額、
その日の気分などで選べるように、
さまざまな娯楽の選択肢の1つとしてあり続けたいのです。

街で暮らす時間を少しでも楽しくできるように。

人々が集い、街に灯りをともす「地域のインフラ」として。

これからもダイナムは、地域の皆さんに必要とされる場所を目指します。