GPレポート

新たなパチンコ台のアイデアを募集するプロジェクト型インターンシップ「ダイナム杯パチンコアイデアグランプリ」を開催し、全国の学生(大学生、大学院、専門、短大)141組にご参加いただきました。10月7日(日)、書類審査・2次審査を通過した8組19名の最終審査を行った結果、最優秀賞、2位、3位、特別賞の受賞者を決定しました。

10月7日(日)に行われた最終発表会では、芸人のハニートラップ梅木氏、コスプレイヤーの魚谷ぐぴこ氏を司会進行役として迎え、特別審査員としてScooP!tvの寺井一択氏、パチンコライターのビワコ氏、パチ7編集長を招へいし、当社取締役4名を含めた審査員7名と、会場に観覧に訪れた学生約20名により最終審査が行われ、最優秀賞には東京都市大学の浅井系太さんの作品「CR一人で遊園地」が輝きました。

■提案タイトル

CR一人で遊園地

■概要

最新VRの技術を取り入れた360度体感型パチンコ。遊技未経験者にも受け入れられやすいよう「遊園地」をテーマに設定し、周囲に気兼ねなく一人でも楽しめることがポイント。

■受賞理由

アトラクションを演出に取り入れることで、通常時の楽しさや、リーチがハズレても、結果的に負けても楽しめる時間消費型レジャーとしてのパチンコ提案が高く評価されました。

■コメント

このような賞をいただけて本当にうれしく思います。他のファイナリストの方もすごい良い作品ばかりで、特にパチンコを打たない方の意見は自分でも思いつかないようなアイデアにあふれていました。今後、パチンコ業界へ就職し、ぜひ新しいパチンコを作っていきたいです。

■提案タイトル

「俺パチ」しようぜ!

■概要

中高年の女性をターゲットに、バーチャル恋愛ゲームを体感するパチンコ

■提案タイトル

PB羽根シリーズ

■概要

訪日外国人をターゲットに、日本語を必要としないエンターテイメント性の高いパチンコ

■提案タイトル

2人でポケモンゲットだぜ

■提案タイトル

パレードのようなスロット copera(コペラ)

■提案タイトル

AI×Pachinko

■概要

育成ゲーム型パチンコ「パチル」

■概要

CR デバイス学園

最終審査前には「パチンコパチスロ編」「ダイナム編」「マニアック編」の3編からなるクイズ大会が行われ、各回の優勝者には記念品が贈呈されました。難問に対しては楽しみながらも、真剣に悩まれている学生さん達の姿がとても印象的でした。結果発表前には懇親会も行われ、学生、審査員問わず垣根を越えた意見交換が行われました。

学生、審査員の投票によって選ばれた優秀賞の発表です!ユーザー、非ユーザーそれぞれの目線で出てくるアイデアはお互いに新鮮味があり、どれも魅力的で、10年後なら実現しているのではないかと期待が膨らむ夢のような発表ばかりでした。特に、最優秀賞を受賞した浅井さんはユーザーであるからこそわかるパチンコのもどかしい部分の解消、かつ非ユーザーが参加しやすくなるアイデアが評価されました。

全チームの表彰が終わり、代表取締役の藤本達司より、会の総括としてファイナリスト8組によって行われた発表への賛辞と、ダイナムのこれからの展望と企業理念「信頼と夢を育む百年の挑戦」についての思いが語られ、参加者からの熱い拍手に会場が包まれ、記念すべき第一回ダイナム杯パチンコアイデアグランプリは幕を閉じました。

ダイナムは、日々の暮らしの中にパチンコがあることを目指しています。皆さんが知恵を絞って考えてくれた熱い想いを形にできるよう、ダイナムはこれからもPB機を作り続け、PB機があるからダイナムに行きたいと言っていただけるようなPB機に成長させ、今後のPB機開発や業界の発展につなげていきます。